スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の豆知識


今日は鏡開きですね

まぁ十日も過ぎると鏡餅もカビが生えて

大抵の家では鏡開きする前に捨てちゃってそうですが・・・

え?

今日は成人式?

そんなものとっくに過ぎ去った俺には関係ないね!



鏡開きとは

いわゆる大正月の締めくくり

今まで神様にお供えしていた鏡餅を割って

一家の円満と一年の健康を願い

雑煮や汁粉にして食べることです

「切る」や「割る」は縁起の悪い忌み詞なので

「開く」を使います



もともとは武家社会の風習で

「刃柄(はつか)」が「二十日」に通じることから

昔は一月二十日に行われていたそうです

しかし江戸時代になり

徳川家光が四月二十日に亡くなったことで

「二十日」は縁起が悪くなり

今のように十一日に行われるのが一般的になったそうです

日本人ってこういう縁起かつぎが大好きですねぇ・・・




ちなみに結婚式などで酒樽の蓋を割るのも「鏡開き」と言いますが

元来「鏡抜き」という表現がが正しいようです



ここからちょっと興味深い話なのですが

正月に祀る神様とは

年神様といい

御歳神社の御祭神の御歳神、相殿の大年神、若年神というそうです

この神前に供えた鏡餅には魂(霊魂)が宿り

それを体内に取り入れる(食べる)ことで

1つ歳をとり、一年健康でいられる

という考え方があったそうです

この時、神前から下げられた魂のこもった餅を

「御歳神の魂」→「御歳魂」→「おとしだま」→「お年玉」

になっていったのだそうです

これがお年玉の由来ですね

つまり本来お年玉とは

神様から1つ魂を頂くこと

鏡開きで

神様からその家の家長、そして子供たちへと

餅に宿った魂を与えて

1年ごとに成長する子供を祝う意味合いのものだったんですね

金銭を与えるようになったのは比較的最近のことなんだとか



「鏡開き」から「お年玉」の背景が見えてくるとか

日本の神事ってこういう繋がりが結構ありますね

正月飾りを燃やして歳神様を見送るという「三毬杖」や「どんと焼き」

これが小正月(一月十五日)に行われていたことと

成人の日が昔、一月十五日に行われていたことも

あながち無関係とも言えないかもね

(古来より元服式は正月に行われることが多かった)

いやぁ興味深い







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

良以(ライ)  

Author:良以(ライ)  
2011,9.25現在

主に
ポケモン(悪統一)
日常生活
についてだらだら書いてます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

40MP
by ライ
ブロとも一覧

おまえら全員ぶっとばす

気ままにポケモン日記

Certain unifier's soliloquy

シフォンケーキのヒスイうなぎとポケモン雑記

はぎの気のままに日記

カバドリラティはつよい

誰が為に鍵は威張る

霊パ怨念日記

世界征服日記

ポケモン好きのブログ

ととののんきなポケモン日誌

ばにらあいすの水タイプで奮闘するブログ

小悪党の潜む街角
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。